デルタ航空と大韓航空の太平洋横断路線の業務提携   

デルタ航空と大韓航空の客室乗務員

デルタ航空と大韓航空は、長年のパートナーシップを強化し、業界をリードする太平洋横断路線の業務提携を開始しました。提携により、お客様に以下のような幅広いオプションが提供されます。

米国へのネットワークの強化

この新たな業務提携により、両社合わせてアジア80都市以上、アメリカ大陸290都市以上を結ぶ路線ネットワークが生まれます。

大韓航空は、以下の米国の10のゲートウェイに毎週100便近くを運航しています。アトランタ(ATL)、シカゴ(ORD)、ダラス/フォートワース(DFW)、ホノルル(HNL)、ラスベガス(LAS)、ロサンゼルス(LAX)、ニューヨーク(JFK)、サンフランシスコ(SFO)、シアトル(SEA)、ワシントンDC(IAD)。またデルタ航空は、ソウル仁川(ICN)から米国への直行便も、デトロイト、シアトル、アトランタからの3路線を運航しています。

2019年4月に就航する仁川 - ミネアポリス(MSP)と仁川 - ボストン(BOS)の新路線により、デルタ航空と大韓航空は、他のどの航空会社の業務提携も上回る米国内14のゲートウェイで発着することになります。

アジアへのより多くの選択肢

この業務提携を通じて、日本へのアクセスも拡大し、ソウル経由で日本の13都市とつながります。

また、香港やマレーシア、ベトナム、シンガボールなどの東南アジアからの発着便も含まれ、より大規模で広範囲をカバーする業務提携によって、より多くの選択肢をお客様に提供できます。

より快適な空港

デルタ航空と大韓航空が共有している最先端の設備を備えたソウル仁川航空の新ターミナル2により、2社間の国際線乗り継ぎがより便利になり、お客様の移動や手荷物の移行もよりスムーズになりました。大韓航空のハブ空港であるソウル仁川国際空港は、世界最大の空港の1つです。航空サービスリサーチ会社のスカイトラックスによるランキングで、「世界一清潔な空港」と「国際線乗り継ぎのベストエアポート」にランクインしています。

デルタ航空と大韓航空のチェックイン施設はシアトル・タコマ国際空港(SEA)でも同じ場所にあり、遅延・欠航などの場合に連携して対応することができます。

相互的なロイヤリティプログラム特典の向上

相互的なロイヤリティプログラムの向上とは、各航空会社のお客様が大韓航空のスカイパスプログラムとデルタ航空のスカイマイルプログラムでより多くマイルを獲得できるようになるということです。

代理店のウェブサイト情報

大韓航空のプロダクトやサービスに関する追加情報は、大韓航空の旅行会社ウェブサイトKALmateでご覧いただけます。ご注意:旅行会社の方がウェブサイトにアクセスするには、ご登録が必要です。



 
デルタプロフェッショナルをご覧いただくには、次のサポートされたブラウザのご使用をお勧めします:古いバージョンまたはサポートしていないブラウザをお使いの場合、不具合が起こる場合があります。