お子さまとのご旅行 - 乳幼児・小児   

フラワーガール。
乳幼児(2歳未満)のご旅行について
 

乳幼児(座席なし)

2歳未満のお子様は、離着陸の際に成人のお客様(18歳以上)が乳幼児をしっかりと抱くか、米国連邦航空局(FAA)公認のチャイルドシートに座らせる場合、米国内を無料でご旅行いただけます。

乳幼児および小さなお子様は、18歳以上の方、もしくは親または保護者の同伴が必要です。同伴される大人の方とお子様は同じ客室をご利用いただく必要があります。新生児をお連れのお客様は、新生児の搭乗に関して医師の書面による許可に関する デルタ航空およびデルタコネクション航空会社の必要条件 をご覧ください。

国際線

乳幼児をお連れのお客様で、パスポートまたは観光ビザを必要とする国へ渡航される場合、お子様の パスポート を取得する必要があります。

 

発券条件

航空券が不要な場合

以下の条件をすべて満たし、保護者の方1名につき乳幼児1名1をひざに乗せる場合、航空券なしでフライトをご利用いただけます。

  • 乳幼児が2歳未満であること
  • 18歳以上の法的な保護者が乳幼児を同伴すること
  • 米国内のご旅行であること
航空券が必要な場合

下記のいずれかに該当する場合には、お子様の航空券をご購入いただく必要があります。

  • お子様が2歳以上である場合
  • ご旅行中にお子様が2歳になられる場合(全旅程において、お座席のご予約および航空券が必要となります)
  • 認可されたチャイルドシートをご利用いただくためにお子様のお座席を確保する場合。
  • お1人のお子様をひざに乗せる予定で、年齢に関わらずお2人目のお子様をご同伴になる場合。
  • お子様ご本人のスカイマイル会員講座にマイルの加算を希望される場合
  • お子様の座席のご利用の有無によらず、国際線をご利用の場合。

注意:大人1名につき同伴する乳幼児の人数制限 - 大人1名につき、2歳未満の乳幼児2名までを同伴してご旅行いただけます。

国際通行税と手数料について - 保護者がひざに乗せる2歳未満の乳幼児の運賃は、通常、大人運賃の約10%に所定の税金およびサーチャージを加えた合計金額となります。旅程によりこの税金・サーチャージは高額になる場合もあります。&

小児運賃および特別割引&
 

米国内のご旅行の場合

デルタ航空では、米国内の幼児および小児割引運賃は提供しておりません。

国際線をご利用の場合

米国外のフライトまたは国際線をご利用の場合は、小児割引運賃を提供している場合があります。運賃はお子様の年齢により異なります。大人のひざの上にお座りなるお子様に対しても、税金および手数料が課される場合があります。&

座席指定

乳幼児同伴の場合、米国連邦航空局(FAA)の規定により、ご使用いただけるお座席が制限されます。お客様ならびに乳幼児のお子様が安全で快適な空の旅をお過ごしいただけるよう、 乳幼児およびお子様の座席案内および 機材とレイアウト で詳細をご確認ください。

乳幼児用手荷物

チャイルドシート、ベビーカー、おむつ用バッグなど特定の機内持ち込み手荷物については 乳幼児・お子様の手荷物 のページをご覧ください。医薬品、ベビーミルクなどの品目は、セキュリティチェックインの際TSAによる特別な措置が取られます。

公認されているチャイルドシート

すべてのチャイルドシートには、一定の安全基準を満たしているかどうかを示すラベルが貼付されています。ラベルには、「e」の文字を囲むように円が描かれ、認可を証明する識別番号が添えられています。この番号は、シートの分類およびグループを示しています。""

ラベルの詳細

1981年1月1日から1985年2月25日の間に米国内で製造されたチャイルドシートの場合、デルタ航空のフライトでの利用が認められるのは、次の内容を示すラベルが貼付けされているものとします。

  • 適用される連邦政府の自動車関連の標準すべてに準拠している

1985年2月25日以降に米国内で製造されたチャイルドシートの場合、デルタ航空のフライトでの利用が認められるのは、次の内容を示すラベルが貼付けされているものとします。

  • 適用される連邦政府の自動車関連の標準すべてに準拠している
  • 自動車および航空機用に使用するものとして認定されている

米国外で製造されたチャイルドシートの場合、デルタ航空のフライトでの利用が認められるのは、次の内容を示すラベルが貼付けされているものとします。

  • 外国政府の認可を受けている
  • 国際連合(UN)の標準に準拠して製造されたものである

使用が認められていないチャイルドシート

下記のタイプのチャイルドシートは使用が認められていません:

  • ブースターシート(補助いす)。米国、国際連合、または外国政府の標準に適合することを示すラベルが貼付されていても、使用は認められません。
  • FAA認定のチャイルドシート器具( CARES)以外のベストおよびチャイルドハーネスタイプのチャイルドシート器具。

機内でのお座席

隣のお座席が空席であれば、米国連邦航空局(FAA)公認のチャイルドシートを設置していただき、お子様をそのお座席に着席させていただけます。ただし、デルタ航空では隣のお座席が空席があるかどうかの保証はいたしかねます。隣のお座席の確保をご希望の場合は航空券をご購入ください。

チャイルドシート(CRS)をご利用の場合の座席

チャイルドシート(CRS)をご利用の場合、下記のセクションのお座席はご利用いただけません

  • 非常口座席の列

  • 非常口座席の前後の列

  • 航空機後部に面するお座席

  • ベビーカー兼用のチャイルドシートの場合は、バルクヘッド席(前面が仕切り壁の座席)

  • 通路側の座席

エアバッグ座席ベルトおよびアングルポジショニング制限事項によって、次の機材ではCRSおよびFAA認証CARESCRSをご利用いただけません

  • 以下の機材のデルタ・ワンおよびファーストクラス座席:

    • 次の機材のデルタ・ワン客室では、常に、すべてのタイプのCRSをご利用いただけません:

      • A330-200
      • A330-300
      • B747
      • B777

    • 次の機材のデルタ・ワンまたはファーストクラス客室では、CARES CRSをご利用いただけません:

      • 767-400
      • 767-300ER
      • 757-200(75S)

    • ご注意:次の機材のデルタ・ワンまたはファーストクラス客室では、カーシートCRSをご利用いただけます

      • 767-400
      • 767-300ER
      • 757-200(75S)

中央の通路を挟んで左右に3席ずつが配置されている機材では、3席並びの真ん中の座席にチャイルドシートを設置する場合、付き添いの方は窓側の座席にお座りください。その列の窓側座席が目的地まで空席である場合には、付き添いの方が通路側にお座りになってもかまいません。そうすることにより、他のお客様が通路を容易にご利用になれます。

同様に、通路が左右にある航空機で中央のお座席にチャイルドシートを設置する場合も、付き添いの方は、他のお客様が通路を容易に利用できるようご配慮いただき、必ずお子様のとなりの座席にお座りいただきますようお願いいたします。

複数のお子様が同じ家族またはグループのメンバーである場合は、チャイルドシートを1列に2台以上ご使用いただいてもかまいません。

離陸および着陸時

離着陸の際は、大人のお客様が乳幼児をしっかりと抱くか、または米国連邦航空局(FAA)公認のチャイルドシートに座らせてください。

チャイルドシートおよび付き添いの方の注意事項

離着陸の間にチャイルドシートをご利用いただく場合は、付き添いの成人の方は以下の注意事項をお守りください。

  • ご使用のチャイルドシートが FAAガイドラインを遵守しているかどうかの確認は、お客様の責任となります(詳細は公認されているチャイルドシートをご覧ください)。
  • チャイルドシートが適切に機能し、明らかな欠陥がないことを確認してください。
  • 製造業者の説明書に従い、お子様の安全を確保してください。
  • お子様の体重がチャイルドシートの重量制限を超えていないことを確認してください。
  • 航空機のシートベルトを使用して座席にチャイルドシートをしっかり固定できることをお確かめください。

客室乗務員は、お子様の着席状況とチャイルドシートの安全性を付き添いの方とともに確認いたします。ただし、最終的な責任は付き添いの方となりますので、予めご了承ください。

南アフリカ発着の大人の同伴なしの未成年者のご旅行に必要な書類

2015年6月1日付で、南アフリカ政府は、南アフリカ発着の18歳未満のすべてのお子様に対して、新しい必要書類要件を執行します。国籍を問わず、お子様は旅行中、南アフリカ内務省(DHA)によって必要とされる追加の書類を携行しなければなりません。これらの要件は、人身売買の防止に対する取り組みの一環として実施されています。DHAの推測によると、毎年、南アフリカ国境を通過する未成年者3万人が、人身売買の犠牲になっています。

2015年6月1日より、必要書類は下記のとおりとなっています(ただし、これらに限定されるものではありません):

  • すべての旅行について、パスポートのほかに、3か月以内に発行されたお子様の出生証明書の原本か謄本、または証明印の入った公証済みコピーが必要です。

  • 新しい必要書類要件は、18歳未満のすべての未成年者に適用されます。ただし、未成年者が単独で旅行する場合、片方の親御様またはご両親と旅行する場合、他の成人と旅行する場合など、状況によって必要とされる追加書類の要件は変わります。

    • 同伴者なしで旅行するお子様、片方の親御様のみと、または保護者ではない成人と旅行するお子様は、ご旅行中、旅行に同伴されない保護者によるサイン済みの同意宣誓供述書を携行する必要があります。こちらをクリックすると、宣誓供述書の例をご覧いただけます。

  • すべての旅行書類は英語のものか、または有効と認められる翻訳が添付されている必要があります

  • 例外事項が適用される場合があります。詳細については、DHA改正入管法 - 第6条:出入国10-12項に説明があります。

ご注意:旅行者が必要書類を持たずに南アフリカに到着した場合、拘束されたり、国外退去処分を受けたりすることがあります

追加情報

デルタ航空は、旅行提携会社の皆様に対して、未成年者の南アフリカ発着のご予約を行う場合には、お客様にすべての必要書類要件をご確認いただくようにお願いしております。

対象となるお客様のための旅行オプションについて詳しくは、デルタ・セールスサポートまたはデルタ航空予約センターまでお問い合わせください。

情報

南アフリカの必要書類に関する詳細は、以下のリンクをクリックしてご覧いただくか、お子様の居住国の南アフリカ大使館または領事館にお問い合わせください。

エールフランス航空/KLMオランダ航空

エールフランス航空およびKLMオランダ航空をご利用の乳幼児またはお子様同伴のご旅行に関する情報は、 旅行会社ウェブサイトAgentConnect.bizでご覧いただけます。

アリタリア航空

アリタリア航空をご利用の乳幼児またはお子様同伴のご旅行に関する情報は、旅行会社ウェブサイト alitalia-agent.comでご覧いただけます。

ヴァージンアトランティック航空

ヴァージンアトランティック航空をご利用の乳幼児またはお子様同伴のご旅行に関する情報は、旅行会社ウェブサイトvsflyinghubでご覧いただけます。

 
デルタプロフェッショナルをご覧いただくには、次のサポートされたブラウザのご使用をお勧めします:古いバージョンまたはサポートしていないブラウザをお使いの場合、不具合が起こる場合があります。