スケジュール変更と航空券のリバリデーションに関するポリシー   

概要

航空会社はさまざまな理由で定期的にフライトスケジュールを変更します。フライトスケジュールが変更される理由の例:

  • 季節的需要

  • 夏時間から標準時間へ、またはその逆の時間変更

  • 新路線

  • フライト番号または運航時間の変更

  • 運航廃止されたフライト

ほとんどのスケジュール変更は、旅行前7日以前に発生します。

トップへ戻る


スケジュール変更プロセス

スケジュール変更が発生した場合、旅行会社は、影響を受けた旅行会社の各PNRについてメッセージを受信します。デルタ航空は、旅行会社のPNRをデルタメッセンジャーで送信し、お客様に連絡します。PNRは更新され、ほとんどの場合その航空券はリバリデーションされます。OSI特記事項がPNRに追加され、旅行会社はその通知のステータスを閲覧できるようになります。

ご注意:旅行会社は、複数のスケジュール変更通知を受け取る場合があります。再発券が必要な場合、スケジュール変更を了承した後すぐに航空券を再発行する必要はありません。お客様のご旅行計画と旅行会社のご都合の良いタイミングで再発券してください。

トップへ戻る


リバリデーション済みの航空券

リバリデーションにより、航空券は旅行会社側のコントロールを保持します。通常の業界標準に従って、GDSはデルタ航空に表示申請をすることから、旅行会社が航空券表示をする際にはリバリデーションデータも自動的に表示されるので、航空券がリバリデーションされたことが分かります。 

リバリデーションによって変更された便名、日付、時間、および予約クラスがクーポン上に表示されます。この情報はリアルタイムであるため、旅行会社は最新のeチケットを見ることができるようになっています。また旅行会社によって再発券の必要がなく、航空券はチェックイン可能な状態であることが分かるようになっています。

  • PNRの旅程とETKTデータが完全に一致する場合、航空券はデルタ航空によってリバリデーションされています。旅行会社による再発券の必要はありません。お客様はチェックインが可能です。

    • デルタ航空はリバリデーションされていることを示すためのPNRへの特別な入力(OSI特記事項)をします(例:OSI 1P REVAL COMPLETE)。

  • PNR内の旅程とETKTデータが一致しない場合、旅行会社は通常のスケジュール変更ガイドラインに基づいて航空券を再発行する必要があります(下記のガイドラインをご覧ください)。

ご注意:スケジュール変更が発生し、航空券がリバリデーションされるまでには最高72時間を要します。スケジュール変更が発生してから72時間を経過しても航空券がリバリデーションされていない場合、旅行会社はお客様がフライトにチェックインできるように、同額の交換発行として航空券を再発行する必要があります。 

トップへ戻る


リバリデーションされていない航空券

すべてのスケジュール変更のうち約20%は、オートリバリデーションされません。発券元の旅行会社がPNRを更新し、手動で航空券を再発行し、お客様に変更をお知らせする必要がある場合のリストを次に示します。

ご注意:下記はリバリデーションされないケースの最も一般的な状況をご説明するものです。

  • 代替便が予約されていない(例:UNセグメント)

  • 代替便が最低乗り継ぎ時間(MCT)を満たしていない

  • フライトクーポン数に変更が必要とされる旅程

  • PNRにeチケットがない

  • 代替便が、以前のフライトより48時間以上後のフライト

  • スケジュール変更により乗り継ぎが不可能になるため、他のフライト、日付、時刻で再予約する必要がある

  • ノンストップ便から乗り継ぎ便に変更された旅程

  • 他の航空会社の航空券番号で発券された航空券

  • 他の航空会社のセグメントを含む航空券

  • 「G」または「C」のヘッダーがついたPNR

  • 特別なSSRが含まれるPNR(例:UMNR、PETC、MEDA)

デルタ航空が航空券をリバリデーションできない場合、旅行会社はGDSまたはdelta.comからPNRに追加の変更を行ってください。

トップへ戻る


スケジュール変更に関する一般的なガイドライン

事前のスケジュール変更が生じた際、デルタ航空はスケジュール変更通知(ASC)メッセージをGDSへ送ります。旅行会社へのお願い:

  • PNR内の元の古いセグメントを削除(キャンセル)してください(適切なステータスコードについては、ご利用のGDSヘルプデスクにお問い合わせください)。

  • お客様にとってスケジュール変更が受け入れ可能かどうかを確認してください。

    • お客様がスケジュール変更を承諾され、デルタ航空によって航空券がリバリデーションされている場合、それ以上の手続きは不要です。

    • お客様がスケジュール変更を承諾されても、デルタ航空によって航空券がリバリデーションされていない場合は航空券の再発券が必要です。下記の「再発券に必要な手続き」に従ってください。
       
  • スケジュール変更による代替便をご了承いただけない場合、次の手順に従ってください。

    • 新しいフライトは、元の航空券と同一の出発地および目的地同一のサービスクラス同一日程で再予約してください。

    • 航空券は同額の航空券として再発券し、お客様には新しいフライト情報を連絡していただく必要があります。

    • また、PNRと航空券には以下の「必要な手続き」に記載されている必要事項を入力してください。

  • 元の航空券と同一の出発地および目的地同一のサービスクラス同一日程の代替便で空席がない場合、旅行会社からグローバルセールスサポートまたはデルタ航空予約センターにご連絡ください。

トップへ戻る


再発券に必要な手続き

再発券が必要な場合:

  • 次のOSIメッセージを入力してPNRを作成してください:

    • OSI DL REISSUE DUE TO DL SKED CHG

  • エンドースメント欄に、スケジュール変更になったフライト便名と日付を入力してください。

    • 例:SKD CHG DL1234 25JUL2017
  • 上記の要件をすべて満たしている場合、ウェイバーコードは不要です

トップへ戻る


スケジュール変更による払い戻し
 

払い戻し可能な航空券

デルタ航空によるスケジュール変更の場合、払い戻し可能な航空券については、旅行会社は通常のBSP処理により払い戻し手続きを行うことが可能です。

払い戻し不可の航空券

デルタ航空によるスケジュール変更で、次のうち1つ以上に当てはまる場合、旅行会社は払い戻し不可の航空券を払い戻しすることが可能です

  • 元の出発または到着スケジュールの90分以内に、利用可能な同等のスケジュールがない旅程の変更

  • 元の旅程より1か所以上途中降機地が増える旅程になる場合

  • デルタ航空の主要路線用の機材からデルタコネクション航空の機材への変更

PNRに次のOSIメッセージを入力してください:

OSI DL REFUNDED PER UNACCEPTABLE SKED CHG/ DATE(影響を受けたフライトの日付)

トップへ戻る


ご質問

ご質問がある場合は、デルタ・セールスサポートまたはデルタ予約センターまでお問い合わせください。

トップへ戻る

 
デルタプロフェッショナルをご覧いただくには、次のサポートされたブラウザのご使用をお勧めします:古いバージョンまたはサポートしていないブラウザをお使いの場合、不具合が起こる場合があります。