車椅子サービス   


一般

デルタ航空は、手動または電池駆動の移動機器または補助機器を無料で輸送いたします。 これらの補助機器は超過手荷物料金の対象にはなりません。また、受託手荷物の重量制限も適用されません。 複数の車椅子または補助機器をお持ちでも、超過料金は一切かかりません。 

補助機器に使用する予備の電池をお持ちになることができます。

適切なSSRをお客様の予約記録に入力して、必要な車椅子サービスの種類を事前にお知らせください。

ご注意:お身体の不自由なお客様に最善のサービスをご提供できるよう、適切なSSRで必要な車椅子サービスをリクエストしてください。一部の旅程のみに車椅子サービスを必要とされる場合でも、すべての区間にSSRを入力してください。

SSRコード

説明

WCBD

乾電池式の車椅子と一緒に旅行するお客様

WCBW

湿電池式の車椅子と一緒に旅行するお客様

WCHC

車椅子 - 機内の座席まで必要。一人で移動することができず、飛行機の乗り降りに車椅子が必要なお客様

 

WCHR

車椅子 - 長距離の移動に必要。車椅子をタラップに用意

階段の昇降、機内の座席への移動はできるが、搭乗するまでおよび降機後の移動に車椅子が必要なお客様

 

WCHS

車椅子 - 階段の昇降不可

階段の昇降はできないが、機内の座席への移動はできるお客様

搭乗するまでおよび降機後の移動に車椅子が必要。階段の上げ下ろしが必要

 

WCMP

 

車椅子 - 手動式

 

WCOB

 

機内用車椅子 - 航空会社が提供

 

ご注意:SSRのMAASはBLND、DEAFまたはDPNAの付随コードとともに、お身体の不自由なお客様に対してのみご使用ください。付随するSSRがないMAASはサービスを保証できません。車椅子サービスを必要とされるお客様には、上記のSSRをご使用ください。

  • お客様のご予約にSSRを追加する方法に関するご質問は、各GDSのヘルプデスクまでお問い合わせください。

  • 特定のSSRの入力に関してご不明な点がありましたら、デルタ・セールスサポートまたはデルタ航空予約センターまでお問い合わせください。

トップへ戻る


車椅子でご旅行されるお客様のためのホットライン

デルタ航空は、ご旅行中いつでもお手伝いできるよう、車椅子の特別なアシストをご希望のお客様のためにホットラインをご用意しいたしました。

米国50州内または米国50州とカナダ/カリブ間をご旅行の場合

米国50州内または米国50州とカナダ/カリブ間のフライトで車椅子のアシストをご要望の際には、1-800-984-8935までお電話ください (毎日、午前6時~午前3時、東部標準時)。ジョージア州オーガスタにあるデルタ航空の手荷物取り扱いコントロールセンターにお電話がつながります。システム化されたステーションからデルタ航空の従業員がすぐに対応いたします。

一般的なご質問

お身体の不自由なお客様がご旅行される際にご利用いただけるサービスに関して、ご質問がございましたらデルタ航空までご連絡ください。

トップへ戻る


空港用車椅子

デルタ航空では、空港内でご利用いただくための車椅子をご用意しています。このサービスのご利用はご予約の際にお申し込みください。空港ご到着時に、出発ゲートまでの移動に車椅子が必要であることをデルタ航空職員にお知らせいただくようお客様にご案内ください。

  • SSRに車椅子サービス(WCHR、WCHSまたはWCHC)を適切に入力し、ご移動が不自由なお客様であることが分かるようにしてください。

    •  SSRWCHRDLSS1**PSGR HAS OWN WHEELCHAIR

トップへ戻る


アイルチェア

飛行機の乗り降りの際に、歩行が困難なお客様をお座席までご案内するための特別な車椅子をご用意しています。この車椅子は「アイルチェア」または「ボーディングチェア」と呼ばれています。"このサービスは、ご予約時にお申し込みいただいた際、出発ゲートにてご用意いたします。

  • SSRに車椅子サービス(WCHC)を適切に入力し、ご移動が不自由なお客様であることが分かるようにしてください。

    • 例: SSRWCHCDLSS1**PSGR REQUIRES AISLE CHAIR


トップへ戻る


機内用車椅子

主要路線の機材すべてに機内用車椅子をご用意しています。この車椅子は、機内の通路幅に合うよう特別に設計されており、化粧室までの行き来にもご利用いただけます。客室乗務員はこの車椅子の取り扱いについて熟知しており、お客様がご利用になる際にお手伝いをさせていただきます。ただし、お客様の車椅子の乗り降りや移動に関しては、ご本人様または付き添いの方にお願いいたします。この車椅子は機内専用であるため、機外に持ち出すことはできません。お乗り継ぎ空港では、空港用車椅子をご利用いただけるよう別途手配いたします。

デルタ・コネクション航空会社:

 CR7型機(65席)、CR9型機(76席)、E170/175型機の各機材に、機内用車椅子を備えています。 

  • 機内用車椅子をリクエストするには、お客様の予約記録にその旨を入力してください

    •   例:SSRWCOBDLSS1 **PSGR REQUIRES ON-BOARD WHEELCHAIR

ご注意:上記以外のデルタ・コネクション航空会社の機材は、機内用車椅子に対応していません。

トップへ戻る


その他の搭乗用機具

搭乗の際に、ボーディングブリッジの代わりにタラップ(階段)をご利用いただく場合があります。階段の上り下りが困難なお客様がいらっしゃる場合は、デルタ航空までお知らせください。代わりの搭乗方法で機内までご案内いたします。

  • SSRに車椅子サービス(WCHS)を適切に入力し、ご移動が不自由なお客様であることが分かるようにしてください。

    • 例: SSR WCHS DLSS1**PSGR CANNOT ASCEND OR DESCEND STEPS

トップへ戻る


電動カートサービス

デルタ航空では、一部の空港にて電動カートサービスを提供しております。 電動カートサービスの事前予約はできません。電動カートサービスの運航スケジュールも不定期となりますことご了承ください。電動カートサービスをご利用になるには、時間に十分余裕を持って空港にお越しいただくようお客様にご案内ください。お乗り継ぎがある場合、お乗り継ぎまで十分な時間が必要です。

トップへ戻る


個人用車椅子サービス

次のあらゆるタイプの個人用車椅子をご本人様と同じフライトで輸送いたします。

  • 折りたたみ式車椅子および折りたたみのできないマニュアル車椅子

  • 電動/電池式車椅子および予備の車椅子用電池1点

  • 電動カート、スクーター、および予備の車椅子用電池1点

  • 松葉杖、下肢装具、その他人工装具

電池式車椅子をお預けになるお客様は、48時間前までにデルタ航空にお知らせください。少なくとも出発の1時間前までに発券カウンターで搭乗手続きをお済ませいただくようお客様にご案内ください。

  • SSRにパーソナル車椅子サービス(WCMP、WCBDまたは WCBW)を適切に入力し、輸送する車椅子のタイプが分かるようにしてください。

    • 例: 4SSRWCMPDLSS1**PSGR HAS SPORT WHEELCHAIR

トップへ戻る


車椅子お取り扱いフォーム

お客様がご自身の車椅子をお持ちになる場合、車椅子お取り扱いフォーム印刷してご記入いただくと便利です。繰り返し使用できるように、記入済みのフォームをクリアファイルに入れるか、ラミネートしていただくようお客様にご案内ください。車椅子の座席または背もたれに貼付してください。

トップへ戻る


客室内の収納

個人用の折りたたみ式車椅子をお持ちのお客様は、優先的にご搭乗いただく際に、機内の収納場所への積み込みをご依頼ください。認可されている機内の保管スペースに対する寸法および重量の制限を超えない場合には、車椅子をお持ち込みいただくことができます。航空機によっては機内の収納場所に限りがあり、お持ちになった車椅子を収容できない場合もあります。あらかじめご了承ください。機内に積み込む車椅子に関しては、他の機内持ち込み手荷物より優先して対応いたします。

ご注意:電池式または電気スクータータイプの車椅子は機内には収納できません。受託手荷物またはゲート預かりの手荷物(ピンク色のタグ)として、貨物用スペースに収納されます。

トップへ戻る


車椅子のお預け入れ

お客様の車椅子は発券カウンターまたはゲートにてお預けいただけます。その後、空港内ではデルタ航空の車椅子をご利用いただけます。

分解を必要とする電動式車椅子は、適切な処理ができるように発券カウンターにてお預けいただきますようお願いいたします。シートクッションやフットレストなど取り外しの可能な部品については、機内に持ち込めるほか、受託手荷物として車椅子とともに貨物室で輸送することもできます。

電動/電池式車椅子が直立した状態で航空機の貨物室のドアを通過できる場合、または直立した状態で貨物室に収納できる場合は、分解する必要も電池を取り外す必要もありません。

車椅子を分解する場合、デルタ航空係員が取扱説明書を必要とする場合があります。組立/分解説明書およびご使用の電池タイプを明記した書面を車椅子に添付していただくようお客様にご案内ください。ご自身の車椅子をお持ちになるお客様には、車椅子お取り扱いフォームにご記入いただくことをおすすめします。繰り返し使用できるように、記入済みのフォームをクリアファイルに入れるか、ラミネートしていただくようお客様にご案内ください。車椅子の座席または背もたれに貼付してください。

個人用車椅子のお預け入れに関しては、出発ゲートで受託手荷物としてお預けいただき、目的地またはお乗り継ぎ空港の到着ゲートでお返しするように手配することもできます。お乗り継ぎ空港でご自身の車椅子をご使用になりたいお客様は、空港で事前にお申し出ください。ただし、特に車椅子の分解と組み立てが必要な場合など、乗継時間内に十分な作業時間が確保できない場合、本サービスは提供いたしかねますのでご了承ください。乗継時間が短い場合には、デルタ航空の車椅子サービスをご利用になることをおすすめします。

トップへ戻る


連邦政府規定

ほとんどの場合、デルタ航空およびデルタ・コネクション航空会社では、電池式車椅子ご利用のお客様は、輸送前に電池を外すことなく車椅子をゲートでお預けいただけます。電池を外すことなく車椅子やスクーターを輸送するためには、補助機器の電池には欠陥がなく、同機器に統合された硬質のケースに収められていなければなりません。また輸送中の誤起動を防止するため、以下のいずれか2つの処置がとられている必要があります。

  • 充電器の挿入(バッテリーへの電流を効果的に遮断)

  • キーの解除およびキーの取り外し(注-航空機へ積載のためにランプへ車椅子を輸送する際にキーが必要となる場合があります)

  • キル・スイッチの作動

  • 電動アームの取り外し

  • スイッチを閉の状態でテープ固定(車椅子の取扱説明書を参照)

ただし、電池の取り外しが必要となる状況が発生する場合もあります。ご出発前にご質問がございましたら、デルタ航空予約センターまでお問い合わせください。CRO デスクにおつなぎいたします。空港でお手伝いが必要な場合は、デルタ航空係員までお申し出ください。

トップへ戻る


電池       

電池および予備電池を必要とする移動機器または補助機器をご利用のお客様でもご旅行いただけます。リチウムイオン電池、湿電池、乾電池、ゲル電池のいずれも受託手荷物として、以下の規定を満たす場合にのみ許可されています。

リチウムイオン電池

1個につき最大160WHのリチウムイオン電池の持ち込みが許可されています。160WHを超えるリチウムイオン電池の機内持ち込みは禁止されています。個人用電子機器に内蔵されているリチウムイオン電池は、受託手荷物または機内持ち込み手荷物としての輸送が可能です。内蔵されていない(予備の)リチウムイオン電池は、機内持ち込み手荷物に収納する必要があります。100~160WHの予備電池の持ち込みは2個まで認められています。電池の持ち込みについての詳細は、DOT Safe Travel Tips(米国運輸省の安全な旅行についてのアドバイス) および補足ファイルのAcceptance Guidelines(受け入れのガイドライン)をご確認ください。

リチウムイオン電池式の移動補助機器
米国運輸省(DOT)の要請により、下記の連邦政府の制限事項に適合する移動補助機器用リチウムイオン電池は、機内にお持ち込みいただけます。折りたたみ式かつ電池を容易に取り外しできる機器の場合、移動機器の本体電池1個と予備電池2個、合計3個のリチウムイオン電池を機内にお持ち込みになれます。

  • 電池1個あたり300WH未満、または電池1個あたりのリチウム含有量が25グラム未満であること。

  • バッテリー端子はショートしないように保護されていること。

  • 電池が国連試験基準マニュアルの要件(Part III, Section 38.3)を満たしていること。

リチウム電池が機器と一体になっている移動補助機器については、電池のサイズに制限はありません。移動補助機器の電池は損傷しないように保護してください。機器は電源を切った状態で、貨物室にてお預かりします。

予備のリチウムイオン電池
包装されていないリチウム電池を受託手荷物に入れることはできません。電子機器(カメラ、ビデオカメラ、BlackBerry、携帯電話、ノートパソコン、医療用補助機器など)に内蔵されていない予備のリチウム電池は 必ず機内持ち込み手荷物としてお持ちください。予備のアルカリ電池は受託手荷物としてお預かりできます。機内持ち込み手荷物にする必要はありません。

機内持ち込み手荷物をその後ゲートでお預けになった場合は受託手荷物として扱われるため、予備のリチウム電池を入れることは禁止されます。

予備のリチウム電池の適切な輸送方法:

  • 予備の電池は機内持ち込み手荷物内に収容してください。

  • 予備の電池は、偶発的な起動またはショートを防ぐために、購入時の包装と同じ状態で収納します。

  • 購入時と同じ状態で包装されていない場合は、予備の電池が他の電池や金属に接触しないよう隔離することによって、電池端子を効果的に絶縁します。各電池を専用の保護ケース、ビニールのバッグまたはパッケージに入れてください。ばらばらになった電池が、コイン、鍵、アクセサリーなどの金属製品と接触することがないようにしてください。

  • 包装されていないリチウム電池は、端子を分離してショートを防ぐために、電池の接点の周りにテープを貼る必要があります。

  • 電池が粉砕または破壊したり、高い圧力を受けたりすると、内部でショートを起こしオーバーヒートすることがあります。このような事態を避けるための対策を講じていただきますようお願いいたします。

電池の持ち込みについての詳細は、DOT Safe Travel Tips(米国運輸省の安全な旅行についてのアドバイス) および補足ファイルのAcceptance Guidelines(受け入れのガイドライン)をご確認ください。

リチウム金属電池

1個につきリチウム含有量最大2gまでのリチウム金属電池の持ち込みが許可されています。リチウムを2g以上含むリチウム金属電池を旅客機で輸送することは禁止されています。電子機器に内蔵されているリチウム金属電池は、受託手荷物または機内持ち込み手荷物としての輸送が可能です。機器に内蔵されていない(予備の)リチウム金属電池は、機内持ち込み手荷物としてのみお持ちになれます。ショートしないように保護してください。

電池の持ち込みについての詳細は、DOT Safe Travel Tips(米国運輸省の安全な旅行についてのアドバイス) および補足ファイルのAcceptance Guidelines(受け入れのガイドライン)をご確認ください。

湿電池 - 液漏れの可能性がある電池

湿電池は液漏れの可能性があるため、航空機での輸送には特別の準備が必要となります。電池はショートしないよう端子に絶縁措置をとる必要があります。車椅子を直立させた状態で航空機の貨物室のドアから搬入できない場合は、電池を取り外させていただきます。取り外した電池は、連邦政府の「危険物」取り扱い条件をすべて満たすために、デルタ航空の電池ボックスに入れて輸送します。破損および液漏れのある電池を輸送することはできません。

乾電池 - 液漏れの可能性がない電池

乾電池またはゲル電池は液漏れの可能性がないとみなされ、取り扱いに関する要件は比較的少ないものとなっています。車椅子が直立でも搬入できる場合、電池を備え付けたまま輸送できます。車椅子は、航空機内で誤起動する可能性がないことを確認したうえで収納できますが、誤起動の可能性がある場合は、輸送中にショートが起きるのを避けるため、係員が電池用ポストコネクターから電池を取り外し、各ポストコネクターをテープで包装します。

トップへ戻る


航空機貨物室のドアの仕様

デルタ航空およびデルタ・コネクション航空会社が運航する航空機の貨物室ドアのサイズによっては、貨物室に収まらない車椅子もございます。

車椅子をご利用のお客様がいらっしゃる場合、航空機貨物室のドアのサイズを確認のうえ、お客様の車椅子が貨物室に収まるかどうかを判断してください。また、お客様の予約記録に入力しておくため、デルタ・セールスサポートまたはデルタ航空予約センターにお客様の車椅子のサイズ(高さ x 幅 x 奥行き)を事前にお知らせください。

車椅子が規格内かどうか判断するには、フットレスト、ヘッドレスト、クッション、アームレストなどの取り外し可能な部品を外してから、サイズを計測してください。

お身体の不自由なお客様が車椅子をお使いになる場合の手続きについては、こちらの役立つ動画をご覧ください。

トップへ戻る


 
デルタプロフェッショナルをご覧いただくには、次のサポートされたブラウザのご使用をお勧めします:古いバージョンまたはサポートしていないブラウザをお使いの場合、不具合が起こる場合があります。