デルタ航空、改装完了したリフレッシュした777-200ERでお客様の快適さをお届け   

デルタ航空が、ボーイング777型機全機の機内改装を開始しました。その一号機となるのが、本日午後のデトロイト(DTW)発北京(PEK)行きの777-200ERです。内装のアップグレードの中でも特徴的なのは、受賞歴のあるデルタ・ワン スイート、新しいキャビン区分のデルタ・プレミアムセレクト、デルタ航空の国際線向け機材の最大幅を誇るメインキャビンシートです。

デルタ航空のボーイング777型機改装のハイライト

  • 合計座席数は296席。受賞歴のあるデルタ・ワン スイートが28席、人気の高いデルタ・プレミアムセレクトが48席、メインキャビンが220席です。
  • メインキャビンの座席配置は、業界標準が横10席であるのに対して9席です。
  • 座席エンターテイメントスクリーンが全席に配置され、「デルタスタジオ」と何千時間もの豊富なコンテンツにアクセスできます。すべてのご搭乗クラスにおいて無料でご利用いただけます。 
  • フル・スペクトルLEDのアンビエント照明は航空機の状態に応じて個別に調節可能です。

ご搭乗クラスの説明:

デルタ・ワン スイート

 デルタ・ワン スイート は、快適性とプライバシーを重視して開発されました。スライド式ドアで仕切られたプライベートな空間に、使いやすさに配慮した個人用収納スペースを設け、最新の機内エンターテインメントシステムと高級感のある内装により、居住空間のような、他にはないビジネスクラス体験をご提供します。

改装されたボーイング777型機のデルタ・ワン

デルタ・プレミアムセレクト

デルタ・プレミアムセレクトのご搭乗クラスは、お客様にさまざまな選択肢をご提供するというデルタ航空が推進している顧客エクスペリエンス向上のための投資計画の一環です。調整可能なヘッドレストやフットレストを備えたゆとりのあるスペースと優れたサービスを提供することにより、お客様のニーズに合ったオーダーメイドの旅をお楽しみいただけます。

改装されたボーイング777型機のデルタ・プレミアムセレクト

メインキャビン

デルタ航空の改良されたボーイング777型機において、メインキャビンの座席幅はデルタ航空の国際線機材の中では最大の18.5インチ"になります。また、お客様は個別の電源に加え、各座席のスクリーンのエンターテイメントを無料でご利用いただけます。

改装されたボーイング777型機のメインキャビン

当機材はGogo Ku Wi-Fi接続を搭載しており、機内でiMessage、WhatsApp、Facebookメッセンジャーの無料モバイルメッセージをご利用いただけます。

デルタ航空の改装一号機となるボーイング777型は、A350の代替機としてデトロイト - 北京間を7月に限り運航されます。

デルタ航空の777-200ER全8機および777-200LR全10機は2019年末までに改装されることになります。

デルタ航空では、全体的なカスタマーサービスの向上に数十億ドルを投資しており、このボーイング777型の設計のアプグレードもその一環です。過去数年にわたって、デルタ航空は、メインキャビンの体験を大きく向上させてきました。これには、一部の東海岸と西海岸を結ぶ路線で メインキャビンでの無料のお食事 、 無料のモバイルメッセージ 、無料の機内エンターテイメント、アップグレード されたメインキャビンでのスナック、 スパークリングワインの追加、ほぼ全フライトでのWiFiアクセス、より快適なブランケット、ご購入いただける新しい Flight Fuel のお食事などが含まれます。 最近アップグレードされたデルタ・ワンの機内サービスには、LAX発のフライトにおけるJon ShookとVinny Dotoloが手掛けたシェフ特製の 最新デルタ・ワン メニュー 、キールズ製品を含む TUMIのアメニティキット のリフレッシュ、 Alessiデザインコレクションの食器などがあります。

 
デルタプロフェッショナルをご覧いただくには、次のサポートされたブラウザのご使用をお勧めします:古いバージョンまたはサポートしていないブラウザをお使いの場合、不具合が起こる場合があります。